オンラインでコンピュータサイエンス修士号 – ジョージア工科大学編 –

スキルアップ

 

日本で仕事をしながらオンラインでコンピュータサイエンスの修士号を取得できる、ジョージア工科大学大学院について紹介します。

なお、学費等の計算には為替レイトとして、1ドル=110円を使いました。

 

公式サイト

Home | OMSCS | Georgia Institute of Technology | Atlanta, GA

 

ジョージア工科大学大学院 コンピュータ・サイエンス Georgia Tech’s online Master of Science in Computer Science (OMS CS) とは

 

ジョージア工科大学はジョージア州の州立大学で、米国工科大学の超名門校。米国工科大学の御三家とされ、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学と肩を並べます。卒業生には、合衆国第39代大統領のジミー・カーター氏や、ispaceの袴田 武史さんがいます。

ジョージア工科大学大学院 オンライン・コンピュータ・サイエンス(以下、OMSCS)は、2013年に開始されたオンラインの大学院です。OMSCSは、U.S. News & World Reportで、米国第9位のコンピュータ・サイエンス大学院に位置付けられています。

OMSCSの学生総数は6,365人、100カ国以上の国から集まり、アメリカの学生が70%程度、その他の国が30%程度の構成です。

 

大学院の特徴

 

OMSCSの特徴は、受講しやすく、かつ安価な認可大学課程という点です。

授業はudacityというMOOC(オンライン学習システム)で実施されます。

そのため、大学への通学はもちろん、アメリカでの居住は不要です。好きな時間に受講できるので、日本で働きながら受講できます。

また、卒業までに必要な学費はおよそ80万円($7,000)と、日本の国立大学と比較しても圧倒的に安価です。ちなみに、日本の大学院の場合、博士前期課程2年間で約135万円となります。

 

そして、認可大学過程ですので、コンピュータ・サイエンスの修士号を取得できます。

 

取得できる修士号

 

Master of Science in Computer Science

 

を取得できます。これは、通学して取得できる資格と同一のもので、”オンライン”のような言葉は入らず、通学で取得した修士号と区別されることはありません。

 

授業内容

 

OMSCSでは以下のコースなどが提供されています。

詳細はCurrent Coursesを参照してください。

 

一般コース

  • 情報セキュリティ
  • オペレーティング・システム
  • ハイパフォーマンスコンピューティング
  • データ分析
  • コンピュータ・ネットワーク
  • ネットワークセキュリティ
  • サイバーフィジカルセキュリティ
  • 組み込みシステム
  • ソフトウェア開発プロセス
  • ソフトウェアアーキテクチャ
  • ソフトウェア分析
  • データベースシステム
  • 医療情報科学
  • 教育技術
  • コンピュータグラフィックス
  • コンピュータビジョン
  • アルゴリズム
  • 人工知能
  • 人間とコンピュータのインタラクション
  • 認知システム
  • 機械学習
  • 強化学習
  • コンパイラー
  • その他

 

上記のコースに加えて、Specializationsという専門コース群があります。

専門コース群の中には、それぞれ複数のコースが含まれています。

 

専門コース群

  • 認知・ロボティクス
  • コンピューティングシステム
  • インタラクティブインテリジェンス
  • 機械学習

 

卒業に必要な受講コース数は?

 

卒業までには、最低10コースを受講する必要があります。専門コース群から4あるいは5コースを選択し、その他5あるいは6コースを任意のコースから選択します。

1セメスターあたり2コースまで受講可能ですので、1年間で4コースを受講できます。よって、卒業に必要な10コース÷4コース/年=2.5年と、卒業までには最短でも3年が必要となります。ただし、フルタイムで働いている学生の場合、最初の1セメスターは1コースまでの受講を推奨していることもあり、学生の事情によって必要な期間は変わります。

 

入学前に授業内容を見ることはできるか?

 

udacityというオンライン学習サービスを通じて授業内容を見ることができます。

udacityの授業は入学しなくても受講できます。udacityのサイトで会員登録をし、検索で「OMSCS」などのキーワードを入れると授業を探すことができます。例えば、Machine Learningがあります。

 

入学要件

 

OMSCSの入学要件は以下の通りです。

 

  1.  4年制大学を卒業していること(学士を保有していること)
    ※学部要件として、コンピュータサイエンスあるいは関連学部(機械工学、電子工学、コンピュータエンジニアリング、数学など)を卒業していること
    ※証明書が必要
  2. GPA3.0以上
  3. 米国以外の受験者はTOEFLスコアを提出
    総合得点で100点以上、かつセクション(R・W・L・S)ごとの最低点が19点以上
    ※下記に90以上と記述がありますが、OMSCSのFAQでは100以上とありますので、100が優先されるものと推定されます。
    TOEFL for International Students
    FAQ

 

その他、補足は以下の通りです。

  • 上記要件を満たさない場合は個別に評価される
  • 仕事のキャリアは問わない
  • GREは不要

 

入学試験

 

入学試験は、以下の情報および書類を提出します。

 

  • 個人情報(名前や誕生日、住所ほか)
  • 学歴(大学の成績証明書は必須)
  • TOEFLスコア(米国以外の国籍)
  • 民族性
  • 受賞歴ほか
  • 他に応募している大学
  • キャリア目標や背景に関するエッセイ(なぜ応募したのか。英語で2,000字まで)
  • SOPエッセイ(キャリアプラン。何を目指しているのか。英語で4,000字まで)
  • レジュメ
  • 推薦人(教授や上司など。級友や同僚は優先度低)
    3人の推薦者が必要になり、メールアドレスを伝えます。メールアドレス宛に推薦状の提出方法が送信されます。

 

 

学費

 

卒業までの学費目安はおよそ80万円です。ただし、在学期間が長ければ長いほど追加の費用が必要となります。

学費を試算してみましょう。

1コースあたりおよそ6万円、また学期ごとにおよそ36,000円を支払います。卒業までに10コースを3年(6学期分)かけて受講したとすると、

60,000円*10コース+36,000円*6学期=816,000

となります。この他、コースによって購入書籍がありますので、その購入費用も+αでみておいたほうが良いです。

在学期間が長ければ長いほど、またより多くのコースを受講するほど、学費は上がります。

 

卒業までに必要な期間

 

一般的な学生で3年間です。ただし、仕事の繁閑や体調などを踏まえ、もう少し長めにみておいても良いでしょう。

なお、OMSCSでは最長6年間までの在学が可能となっています。

 

入学試験の申し込み

 

Apply Nowから申し込みが可能です。

申し込みの期限は、春入学が毎年7月1日、秋入学は毎年3月1日です。

この期限までに、TOEFLスコアや成績表、推薦状などの入学試験書類を揃える必要があります。余裕をもってTOEFLを受験しましょう。

 

まとめ

 

ジョージア工科大学大学院 コンピュータ・サイエンス(Georgia Tech’s online Master of Science in Computer Science (OMS CS))は安価で、かつ働きながらコンピュータ・サイエンスの知識を深められる有益なプログラムかと思います。

働きながら、ということは仕事の繁閑を乗り越えながら、空き時間を強制的に作って長期に渡りPCに向かうモチベーションが求められます。これはオンライン学習の簡便さのもう一方の側面と考えられます。

なぜオンラインでコンピュータ・サイエンスの修士号を取得するのか、その目的を明確にして、3年間みっちりとスキルアップできたら良いのかもしれません。

 

日本国内の大学院はこちらをご覧ください

情報工学・コンピュータサイエンスが学べる日本の大学院一覧(国立大・関東エリア編)
ITエンジニアが体系立てて学び、専門性を深められる大学院。研究領域を情報工学(コンピュータ・サイエンスもほぼ同義語として扱う)にしぼり、ITエンジニアとしての基礎体力を築ける基礎理論から応用までを学べる国立大学を調査しました。調査内容は大学

 

ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門

アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準

タイトルとURLをコピーしました