即興スピーチで英語力を鍛える -トーストマスターズ-

英語

 

トーストマスターズの例会で行われる即興スピーチが英語力を育ててくれます。

本記事では、即興スピーチがどのように英語力を伸ばしてくれるのかについて書きます。

 

即興スピーチってなに?

 

トーストマスターズは例会という2時間程度の会議体のなかで、複数名がスピーチを交代でおこないます。

トーストマスターズのスピーチには大きく分けて2種類あります。

 

  1. 事前に準備しておくスピーチ
  2. 即興で内容を考えて話すスピーチ

 

即興スピーチは上記の2のことで、Table Topicsと呼びます。

食事をとるときにテーブルで交わされる即興の会話という意味になります。

スピーチをする人は、進行役がする任意の質問に対して、あらかじめ決められた制限時間内で答えのスピーチをします。

質問は事前に非公開ですので、どのような質問がくるかは予想できません。そのため、事前に話しの内容を考えておくことができません。これが即興スピーチと言われる所以です。

これをすべて英語で、しかも数十人のメンバーが見守る中でスピーチする場面を想像すると、、、緊張しますよね。

 

即興スピーチの進め方

 

即興スピーチは、以下のように進めます。

 

  1. 即興スピーチの進行役が会議室の前に出る
  2. 進行役がひとつ質問を挙げる
  3. 進行役はその質問を答えてほしい回答者を指名する
  4. 回答者は椅子から立ち上がり、なるべく早く質問の答えを話し始める ※考える時間はほぼゼロです
  5. 回答者は1分より長く、かつ2分30秒より短く、英語でスピーチをする
    ※短すぎても、長すぎてもいけない
  6. 回答者はスピーチを終えたら席に座る
  7. 上記2から6を繰り返す ※1回の例会あたり5個程度の質問が出ます
  8. 会議の最後に投票が行われ、ベスト回答者が表彰される

 

上記の進め方のうち、ポイントとなるのは4と5です。

まず、回答を考える時間はほぼゼロなので、兎にも角にもひとこと目の英語を話し始めます。

そこからストーリーをつなげながら、精一杯英語の引き出しを引っ張りだし、スピーチに仕立てていきます。

「もう話しが続かない!」

と思っても、1分以内であれば、スピーチをやめられません。

なんとかなんとか言葉をひねり出してスピーチを続けます。

話が長くなるのは中級者以上の悩みで、初心者のうちは英語で1分以上、しかも即興で話すのはレベルが高いです!

 

即興スピーチが鍛えてくれる英語力

 

では、即興スピーチでどのような英語力が身につくのでしょうか。

 

  1. 英語を話す度胸がつきます
  2. 英語の構成力が身につきます

 

英語を話すうえで非常に大切な「度胸」がつきます。

なぜなら、多くの人の面前で即興スピーチをするというのは相当な勇気を必要とするからです。

「自分に当てないでほしい…」

と心の中で思いながらも、英語力をつけるためには当てられて緊張しながら話す経験が必要です。

 

そして、一瞬の間にスピーチの起承転結を考え、精一杯英語をひっぱりだす作業を繰り返すことで、雑談をはじめ、ビジネス英会話の力がつきます。

はじめのうちは、日本語→英語という翻訳過程を経て声をだしますが、なれてくると英語のみで話せるようになってきます。

 

どのような質問がでるのか

 

即興スピーチでは、質問のテーマはとくに決まっていません。

進行役が事前に作り上げた質問が、当日に発表されます。

サンプルとして、以前に私が進行役のときに出した質問を紹介します。

 

Good morning fellow toastmasters and welcome guests.
The autumn has just come, right ? The autumn reminds me of a lot of things such as the autumn food, outdoor sports, and reading books. Recently I read a book which title is “leading a bumpy journey”, written by Tomoko Namba, who is a founder of DeNA. It’s written that she has struggled how to make DeNA big company. Do you like reading books ? Then I’d like to give you the first question.
Q1:If you have a chance to write a book, what would you choose as a topic ? And why?
I think I can learn a lot of things by reading books. One of my respect person, Haruaki Ideguchi who is a founder of Lifenet insurance company said, people can learn from three things. People can learn from books, travel, and people. Then, move on to the next question relating travel.
Q2:If, for one year, you could live at any place in the entire world, which place would you choose ? And why ?
I would like to ask you one more question about a travel. Then, I move on to the next question relating travel.
Q3:If you were an airline pilot and you were told to choose only one route that you have to fly for your entire career, which two cities would you connect ? And why ?
I think learning from people is the most useful way to learn. Actually I have learned a lot of things from fellow toastmasters, how to deliver a speech, how to evaluate speech, how to motivate people. Then, move on to the next question relating learnings.
Q4:What is the most interesting class that you have ever taken in school? On the other hand , what is the most boring class you have ever taken in school ?
Then, move on to the final question in terms of learnings.
Q5:What is the greatest lesson in your life that you have ever learned?

 

トーストマスターズでは、以下のようなカードを購入することができ、即興スピーチを練習することができます。

 

 

即興スピーチで英語力を高めてみてはいかがでしょうか。

 

書く・話すアウトプット中心の英会話勉強法
英語で自己紹介がやっとできるかできないかくらいのスペックから、 海外出張でネイティブとの会話で冗談が言える程度まで英会話できるようになった学習方法を紹介します。 英会話の勉強を開始したときのスペック かろうじて自己紹介ができたレベルです。 私「Nice to me...

 

タイトルとURLをコピーしました