【2019年】海外RPAツールの一覧(特徴と導入事例)

Photo by Franck V. on Unsplash コンサルティング
Photo by Franck V. on Unsplash

 

RPA(Robotic Process Automation = ロボティック・プロセス・オートメーション)のツールについて、海外のツールをまとめました。各ツールの名称、特徴と導入事例(Case Studies)を調査、記載しています。

 

Kofax RPA

 

Work Like Tomorrow - Intelligent Automation, Robotic Process Automation, Capture | Kofax
Work Like Tomorrow – today. Kofax’s Intelligent Automation platform transforms business processes, reduces manual work and cost, and improves customer engageme...

 

かつてKofax Kapowというプロダクト名だったものを、Kofax RPAと改名。グローバルで20,000社以上の顧客、650社以上のリセラー、1,600人以上の従業員。10社のグローバル銀行や9社のグローバル保険企業、4社の物流グローバル企業を顧客に持つ。

 

特徴

 

  • デザインツールであるKofax RPA Design Studioを使って業務処理を記述
  • Webサイト、データベース、PDFやExcelなどのコンテンツと連携可能
  • 管理者は制御、監視、実行を集中管理
  • 手動作業をキャプチャしてプロセス定義が可能
  • 人工知能を使って非構造化データを認識・学習
  • Google VisionやIBM Watsonと連携可能
  • 作成したロボットを他のロボットで再利用可能
  • ロボットのバージョン管理が可能
  • ロボットはSOAPもしくはREST、Java、.NETとして発行され、他のシステムから呼び出し可能
  • LDAP、Active Directoryと連携可能

 

導入事例

 

 

UiPath

 

Robotic Process Automation | UiPath
UiPath is a leading Robotic Process Automation vendor providing a complete software platform to help organizations efficiently automate business processes.

 

2005年にルーマニアのブカレストにある、小さなアパートメントで起業。自動化ライブラリの製造に焦点。働きたい会社を作る、ことがゴール。2012年にRPAの可能性を見出し、2013年にプロダクトをリリース。20万人以上の開発者コミュニティ、2,500のグローバルパートナーが多数のロボットを開発。

 

特徴

 

  • UiPath Studioで業務処理をUIから定義。ドラッグアンドドロップで定義でき、コードを書く必要はない。視覚的なデバッガーもついておりトラブルシューティングが可能。日本語、フランス語、ドイツ語で利用可。
  • より細かなワークフローを作成するために、VB.NETやPython、Javascript、Powershell、Javaで記述可能
  • ユーザーの手動処理を読み込み自動ワークフローとして定義。デスクトップアプリやWebアプリ、Citrix環境、エミュレータなどの読み取りが可能
  • 一度定義した自動ワークフローはチームメンバー間で再利用可能
  • ABBYY社のOCR、IBM Watson、Stanford NLP、GoogleやMicrosoftの機械学習ライブラリと連携
  • UiPath Orchestratorでロボットを管理。デプロイ、監視、分析などが可能。Active Directoryと連携Microsoft Azure あるいはAmazon Cloud上にデプロイ
  • UiPath Robotsが自動ワークフローを実行。人を介した処理、人を介さない処理のどちらも実行可能

 

導入事例

 

 

AUTOMATION ANYWHERE

 

Robotic Process Automation ( RPA) Platform | Automation Anywhere
RPA Enterprise Platform from Automation Anywhere the Global Enterprise RPA solution. Learn how robotic process automation is the future of work.

 

会社のビジョンは、人間からロボットを引っ張り出す。人間をルーチンワークや単純作業から解放し、より高い優先順位の問題解決ができ、知的で創造的な仕事に時間を使えるようにすること。世界に20の拠点を持ち、1,600人以上の従業員、15年間のキャリア、百万以上のボット稼働が実績。本社はアメリカSan Jose。

 

特徴

 

  • Bots Creatorを使って、視覚的に業務プロセスを定義。定義したプログラムをBotsと呼ぶ。BotsはBot Runnerを介して実行
  • Control Roomを使って、Botsの実行、監視、分析が可能
  • CyberArk(特権ID管理のセキュリティ製品)との統合
  • SSL、Kerberos、Mirosoft NTLM、SAML 2.0 for SSO、2段階認証など、各種認証システムと連携可能
  • Citrixなど仮想環境に対応
  • OCRツールであるABBYY、MODI、Google Tesseract、TOCRと連携
  • ダブルバイト文字サポート
  • REST APIのサポート

 

導入事例

 

 

blueprism

 

RPA ロボティック・プロセス・オートメーション
Blue PrismのRPAは、エンタープライズの業務プロセス自動化に必要な運用管理機能とセキュリティ、拡張性を備えています。RPA導入により高い投資対効果をもたらした事例も多数。

 

Blue Prismは、”2018-19 Ovum Decision Matrix (ODM) ”の RPA platforms部門でマーケットリーダーとして評価された。blueprismが大切にしている価値は、プロフェッショナル、尊敬、誠実、成功、権限委譲である。CEOはAlastair Bathgate。

 

特徴

 

  • ドラッグアンドドロップで業務処理を定義
  • インテリジェント画像認識によってシステムや色の変動を補正
  • Adaptive Positioning Technology により、画面上の位置に関係なくアプリケーションのコントロールとフィールドを自動化
  • 2 バイト文字セットのサポート
  • 多言語 UI(日本語対応)
  • Control Room により実行状況をモニタリング
  •  CyberArk 認定の認証情報管理
  • Tesseract OCR がインストール

 

導入事例

 

 

Pega Infinity

 

Customer Engagement and Intelligent Automation Software | Pega
Explore business solutions from the leader in software for customer engagement and intelligent automation, built on the unified Pega Platform.

 

世界ではアジア、ヨーロッパ、北米で38の拠点をもつ。日本でも、みずほ銀行や東京海上日動、nisshaなどの企業が導入している。グローバルHQは、北米ケンブリッジ、EMEAバークシャー、インド、APACオーストラリアにもつ。200以上のグローバルパートナー、4,000人以上の従業員をもつ。ミッションは、世界がソフトウェアを作るプロセスを変えること。

 

特徴

 

  • Pega Robotic Automation Studioを使って、業務ワークフローと業務ルールを定義
  • Salesforce、SAP、EPIC、Boxのようなシステムと連携するためのコネクターを用意
  • APIを提供し既存システムからの接続が可能
  • Pega Robotic Automation Consoleを使って、業務の自動実行、監視を遂行

 

導入事例

 

  • Link Market Services(金融)
  • Unum(保険)

 

RPA Express

 

Intelligent Automation and RPA for Enterprise | WorkFusion
WorkFusion is a leading vendor of Intelligent Automation solutions combining AI, RPA & machine learning capabilities for business process automation.

 

企業における複雑性を減らし、機会を開拓できるようにすることが会社の目的。アメリカニューヨークにHQをもち、北米やヨーロッパ、アジアに拠点。2012年にMax YankelevichとAndrew Volkovが創業。MITのラボ出身。2014年ごろにAI駆動型のボットソフトウェアを開発。その後、RPA Expressは世界ではじめて無料のRPA製品となる。

 

特徴

 

  • 画面の動きを記録して自動化処理を定義
  • Control Towerでbotの動きを監視
  • 組み込み済みのOCRで紙をデータ化
  • botはJavaベースのスクリプトでカスタマイズ可能
  • WorkFusion APIを使ってCitrixやOracle、SAPとポスト、送信、データの受信が可能

 

導入事例

 

  • SIX Financial Information(金融)
  • Standard Bank South Africa(金融)

 

NICE

 

Transforming Experiences to be Extraordinary and Trusted | NICE
NICE is the worldwide leading provider of software solutions enabling organizations to improve customer experience and business results, ensure compliance, figh...

 

「NICE」は技術革新を表現。3つの原理領域で活動。カスタマーエクスペリエンスの最大化、公共の安全強化、金融犯罪の回避と法令遵守の3つ。CEOはBarak Eilamで、1986年に創業。25,000人以上の顧客、1,700人のR&Dプロフェッショナル、6,500人の従業員、35の拠点をもつ。

 

特徴

 

  • Desktop Analyticsを使って、日常のPC操作を分析し、RPAで実行可能なプロセスを提示
  • 人間の介入や判断を一切必要としないRobotic Automationと、人間が意思決定に必要な情報を提示しアクションを必要とするDesktop Automation の双方に対応
  • robots control Roomを使い、ロボットの実行状況を監視可
  • OCRやチャットボット、機械学習技術との連携

 

導入事例

 

  • Asurion(サービス)
  • Unisys(IT)
  • Blue Cross of Idaho(保険)
  • TIM(通信)
  • Helpline(金融)
  • Banca Popolare di Sondrio (金融)
  • LIQ(サービス)
タイトルとURLをコピーしました