Flutterの開発環境構築手順

M1 MacにおけるFlutterの環境構築手順について書いておく。

参考にしたサイト

Flutter公式サイト

Get the Flutter SDK

Flutter SDKをダウンロードする
https://flutter.dev/docs/get-started/install/macos
※今回は2.0.2が最新

ホームディレクトリにdevelopmentフォルダを作成し、ダウンロードしたFlutter SDKを保存する

mkdir development

developmentフォルダに移動し、zipファイルを解凍する

cd development
unzip flutter_macos_2.0.2-stable.zip

flutterコマンドのパスを通す

echo 'export PATH="$PATH:$HOME/development/flutter/bin"' >> ~/.zshrc
source ~/.zshrc

flutterコマンドのパスを確認する

which flutter

Run flutter doctor

  1. flutter doctorを実行し、不足しているソフトウェアを明確にする
    flutter doctor

Android Studio

  1. 公式サイトからダウンロードし、dmgファイルを実行する
    https://developer.android.com/studio/index.html
  2. アプリケーションからAndroid Studioを起動しコンポーネントをインストールする
  3. Android Licenseに同意する
    flutter doctor --android-licenses

xcode

https://flutter.dev/docs/get-started/install/macosを参考にインストールする

cocoapods

  1. 公式サイトを確認する
    https://guides.cocoapods.org/using/getting-started.html#installation
  2. インストールする
    sudo gem install cocoapods

flutter doctorで漏れがないか確認する

flutter doctor

iOSシミュレータをセットアップする

open -a Simulator

Flutterアプリケーションを作成する

flutter create my_app

cd my_app

flutter run

Androidエミュレータをセットアップする

m1 macではエミュレータセットアップでエラーが起き修正中。

Visual Studio Codeのセットアップ

https://flutter.dev/docs/get-started/editor?tab=vscode
を参考にFlutter&Dartプラグインをインストールする

以上で完了

タイトルとURLをコピーしました