WordPressの最大アップロードサイズを50MBに増やす方法

スポンサーリンク

 

WordPressのインストール直後の状態では、メディア等の最大アップロードサイズが2MBに制限されています。

この記事では、最大アップロードサイズを50MBまで増やす方法について、自分で設定した内容をメモしておきます。

 

参考にさせて頂いた記事

php.iniが置いてある場所の探し方

WordPressでファイルの最大アップロードサイズを変更する方法

 

スポンサーリンク

環境

 

下記の環境を前提とします。

 

サーバー側

・さくらのVPS(物理サーバー)

・Docker CE(物理サーバー)

・CentOS7(Dockerコンテナ)

・nginx(Dockerコンテナ)+ Let's Encrypt

・php7

・MariaDB(Dockerコンテナ)

・WordPress(Dockerコンテナ)

 

クライアント側

・MacBook Pro 13 inch

 

前提条件

 

WordPressのインストールは完了した状態です。

php.iniファイルを編集することで、最大アップロードサイズを変更します。

 

初期状態

 

初期状態では最大アップロードサイズは2MBに制限されています。

 

wordpress初期状態の最大アップロードサイズ

 

2MBを超えるファイルのアップロードを試みるとエラーが表示されます。

 

wordpressアップロードサイズ超過エラー

 

php.iniファイルの場所を把握します

 

php.iniファイルを編集して、最大アップロードサイズを変更します。

そのため、php.iniファイルの格納場所を把握しておきます。

コマンド「php --ini」でphp.iniファイルの場所を確認できます。

 

Dockerコンテナ側(CentOS7*nginx)

# php --ini

Configuration File (php.ini) Path: /etc
Loaded Configuration File:        /etc/php.ini
Scan for additional .ini files in: /etc/php.d
Additional .ini files parsed:     /etc/php.d/20-bz2.ini,
/etc/php.d/20-calendar.ini,
/etc/php.d/20-ctype.ini,

・・・

 

上記より/etcフォルダの直下にあることがわかりました。

 

php.iniを編集します

 

vimでphp.iniファイルを開き、編集します。

 

Dockerコンテナ側(CentOS7*nginx)

# vim /etc/php.ini

 

 

php.iniファイルの以下の部分を変更します。

本記事では最大アップロードサイズを50MBとしていますが、任意の数字に変更できます。

 

php.iniファイル

省略

; Maximum amount of memory a script may consume (128MB)
; http://php.net/memory-limit
memory_limit = 128M

; Maximum size of POST data that PHP will accept.
; Its value may be 0 to disable the limit. It is ignored if POST data reading
; is disabled through enable_post_data_reading.
; http://php.net/post-max-size
post_max_size = 80M

 

; Maximum allowed size for uploaded files.
; http://php.net/upload-max-filesize
upload_max_filesize = 50M

 

 

memory_limit >= post_max_size >= upload_max_filesize

とサイズ設定しておきます。

「:wq」でファイルを保存して終了します。

 

wordpress.confを編集します

 

nginx.confからincludeで参照しているWordPress用のConfigファイル、「/etc/nginx/conf.d/wordpress.conf」を編集します。

 

Dockerコンテナ側(CentOS7*nginx)

# vim /etc/nginx/conf.d/wordpress.conf

 

 

server{}内に、client_max_body_size 50M;を追加します。

 

wordpress.confファイル

server {

 listen 443 ssl;
 server_name example.com;
 ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/example.com/fullchain.pem;
 ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem;

 client_max_body_size 50M;

・・・

}

 

nginx,php-fpmを再起動します

 

php.iniおよびwordpress.confの編集内容を反映させるため、再起動します。

 

Dockerコンテナ側(CentOS7*nginx)

# systemctl restart php-fpm

# systemctl restart nginx

 

 

最大アップロードサイズを確認します

 

wordpressのメディア新規追加から、最大アップロードサイズを確認します。

50MBと表示されていれば完了です!

 

wordpress編集後アップロードサイズ

 

以上で、最大アップロードサイズを変更する設定は完了です!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました