ubuntu 18.04.1 にMariaDB 10.1.38 をインストールしてみよう

スポンサーリンク

 

ubuntu10.04.1にMariaDBをインストールしたので、流れをメモします。

MariaDBはMySQLから派生的に開発されたオープンソースのRDBMSで、The MariaDB Foundationによって管理されています。WordPress.comやGoogleもMariaDBを採用しているようです。

MariaDBの詳細については公式サイト(英語)を参照してください。

 

スポンサーリンク

参考サイト

 

MySQL 5.7 をインストールしたら最初に行うセットアップ

apt-get updateは何を行っているのか調べてみた〜パッケージインデックスファイルとは何か〜

Debian の apt/apt-get/aptitude について

「apt-get」はもう古い?新しい「apt」コマンドを使ったUbuntuのパッケージ管理

 

環境

 

下記の環境にMariaDBをインストールします。

 

サーバー側

・さくらのVPS(ホストサーバー)

・Docker CE(ホストサーバー)

・ubuntu18.04.1(Dockerコンテナ)

 

クライアント側

・MacBook Pro 13 inch

 

パッケージインデックスファイルをダウンロードします

 

はじめに、最新のパッケージインデックスファイルをダウンロードします。

これにより、MariaDBパッケージをインストールする際のリポジトリ情報を更新できます。

 

Dockerコンテナ

# apt update

Get:1 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease [88.7 kB]Hit:2 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease
Get:3 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB] 

3 packages can be upgraded. Run 'apt list --upgradable' to see them.

#

 

参考)パッケージ管理プログラム

 

ubuntuのパッケージインストールはapt(Advanced Package Tool)を、CentOSはyumを使います。

Debian系はapt、RedHat系はyumになります。

なお、Debian系ではapt以外にもapt-getなど、類似のパッケージ管理プログラムがありますが、

ubuntuではaptの利用が推奨されています。

Debian管理者ハンドブックに以下の記述があります。

apt は APT から提供されているもう一つのコマンドラインベースフロントエンドで、apt-get の持っていた設計上のミスを克服しています。

 

MariaDBのインストール

 

さっそくMariaDBをインストールしてみましょう。

aptコマンドでmariadb-serverを指定します。

 

Dockerコンテナ

apt install mariadb-server

Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following NEW packages will be installed:
  mariadb-server
0 upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 3 not upgraded.
Need to get 12.9 kB of archives.
After this operation, 65.5 kB of additional disk space will be used.
Get:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/universe amd64 mariadb-server all 1:10.1.38-0ubuntu0.18.04.1 [12.9 kB]Fetched 12.9 kB in 1s (9555 B/s)
debconf: delaying package configuration, since apt-utils is not installed
Selecting previously unselected package mariadb-server.
(Reading database ... 7270 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack .../mariadb-server_1%3a10.1.38-0ubuntu0.18.04.1_all.deb ...
Unpacking mariadb-server (1:10.1.38-0ubuntu0.18.04.1) ...
Setting up mariadb-server (1:10.1.38-0ubuntu0.18.04.1) ...

#

 

MySQLのバージョンを確認してみます。

 

Dockerコンテナ

# mysql -V

mysql Ver 15.1 Distrib 10.1.38-MariaDB, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 5.2

 

MariaDBのバージョン10.1.38が確認できれば、インストールは完了です!

 

MariaDBの初期設定をおこないます

 

MariaDBのセキュリティに関する初期設定を行います。

特にプロダクション環境では使用が強く推奨されている、mysql_secure_installationというツールを使います。

 

Dockerコンテナ

mysql_secure_installation

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current password for the root user. If you've just installed MariaDB, and you haven't set the root password yet, the password will be blank, so you should just press enter here.

※rootユーザーのパスワードを入力します。

Enter current password for root (enter for none):

OK, successfully used password, moving on... Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB root user without the proper authorization. You already have a root password set, so you can safely answer 'n'.

※MariaDB rootユーザーのパスワードを設定します。上記ですでに設定されているので'n'の入力でOKと言われています。

Change the root password? [Y/n] n

... skipping. By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone to log into MariaDB without having to have a user account created for them. This is intended only for testing, and to make the installation go a bit smoother. You should remove them before moving into a production environment.

※匿名ユーザーを削除します。

Remove anonymous users? [Y/n] y

... Success! Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'. This ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

※rootによるリモートログインを拒否します。

Disallow root login remotely? [Y/n] y

... Success! By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can access. This is also intended only for testing, and should be removed before moving into a production environment.

※デフォルトで存在するtestデータベースを削除します。

Remove test database and access to it? [Y/n] y

- Dropping test database... ... Success! - Removing privileges on test database... ... Success! Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far will take effect immediately.

#管理用テーブルをリロードします。

Reload privilege tables now? [Y/n] y

... Success! Cleaning up... All done! If you've completed all of the above steps, your MariaDB installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

 

 

以上でMariaDBの初期設定は完了です!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました