さくらのVPSサーバーにCentOS7をインストールする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さくらのVPSサーバーにCentOS7をインストールする

 

さくらのVPSの申し込みが完了したら、次にサーバーにOSをインストールしてみたいと思います。

本ブログでは、CentOS7をさくらのVPSへインストールする方法について解説します。

なお、サーバーの起動や停止、OSインストールの操作は「さくらのVPSコントロールパネル」からおこないます。

 

さくらのVPSコントロールパネルにアクセスする

 

さくらのVPSコントロールパネルには以下のURLからアクセスできます。

さくらのVPSコントロールパネル

ここでは、ログインボタンをクリックします。

 

コントロールパネルログイン

申し込みの際に登録した会員ID(メールアドレス)とパスワードを入力して「ログイン(認証)ボタン」をクリックします。

 

さくらインターネット会員認証

 

ログインに成功すると、契約中のサーバーが一覧で表示されます。

下図では上段のサーバーが申し込みをしたサーバーになります。

サーバー名、IPアドレス(IPv4、IPv6)、リージョンとゾーン、CPU、メモリ、SSD、稼働状況が表示されています。

稼働状況は「停止中」で、これからOSをインストールして稼働中にしていきます。
※サーバー名が「テスト環境」となっているのは筆者が変更済みのためです。

申し込みをしたサーバーをクリックします。

 

さくらのVPSサーバー一覧

 

CentOSをインストールする

 

申し込みをしたサーバーをクリックすると、サーバーの詳細画面が表示されます。

OSをインストールするために、画面右上の「各種設定」ボタンをクリックして、メニューから「OSインストール」を選択します。

 

OSインストールメニュー

 

OSインストールをクリックすると画面遷移します。

OSインストール形式の選択は初期選択のまま「標準OS」を、

標準OSインストールは「CentOS7 x86_64」を選択します。

 

OSインストールの選択

 

新しい管理ユーザのパスワード、すなわち「root」ユーザーのパスワードを入力します。

画面に記載されているパスワードの制約である、
8文字以上かつ、半角英数と半角記号を組み合わせて32文字まで、
を守って入力します。

入力を終えたら「設定内容を確認する」ボタンをクリックします。

 

rootパスワード入力

 

インストールの内容を確認して「インストールを実行する」ボタンをクリックします。

 

インストールを実行する

 

インストールが開始したことを示すメッセージが表示されます。

 

インストール開始

 

インストール中は、コントロールパネル上部にアイコンが表示されます。

 

インストール中

 

インストールが完了すると、該当サーバーの状態が「稼働中」に変わります。

 

インストール完了

 

以上で、さくらのVPSにCentOS7をインストールすることができました!

次回はコンソール画面からサーバーにログインしてみたいと思います。

 

さくらのVPSサーバーにコンソール画面からログインしてみよう
本記事では、さくらのVPSサーバーにコンソールログインする方法について解説します。 CentOS 7をインストールし終えたら、サーバーにコンソールからログインしてみましょう。 コントロールパネルを開く はじ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました