さくらのVPSサーバーにコンソール画面からログインしてみよう

スポンサーリンク

 

本記事では、さくらのVPSサーバーにコンソールログインする方法について解説します。

CentOS 7をインストールし終えたら、サーバーにコンソールからログインしてみましょう。

 

スポンサーリンク

コントロールパネルを開く

 

はじめにコントロールパネルを開きます。

さくらのVPS コントロールパネル

コントロールパネルが開いたら、サーバ一覧から対象のサーバをクリックします。

 

コントロールパネルサーバー一覧

 

対象のサーバーをクリックすると、詳細画面に遷移します。

詳細画面で、画面上部の「コンソール」ボタンをクリックします。

 

テスト環境の選択

 

コンソールメニューが表示されるので、使いたいコンソールをクリックします。

ここでは、シリアルコンソール(β版)をクリックします。

 

シリアルコンソールメニュー表示

 

コンソール画面で操作する

 

シリアルコンソールが下図のように表示されます。

ここでEnterキーを1回クリックします。

 

シリアルコンソール初期画面

 

ログインユーザーを入力するよう求められます。

 

シリアルコンソールログイン表示画面

 

 

コンソール画面からCentOSにログインする

 

loginに「root」を、Passwordに申込時に入力した管理者パスワードを、それぞれ入力します。

 

server-name login: root

Password: ***********************

※ 実際には入力したパスワードは*として表示されません。

 

ログインに成功すると、下記のようにコマンドの待受に変わります。

 

SAKURA Internet [Virtual Private Server SERVICE]

[root@server-name ~]#

 

以上で、さくらのVPSサーバーに、コンソール画面からログインする方法は完了です!

次回は、サーバーに初期設定していきます。

 

https://kevins-blog.com/initial-settings-for-a-sakura-vps-server1/

 

タイトルとURLをコピーしました