Macキーボード選び Magic Keyboard テンキー付きに戻った話

スポンサーリンク

 

キーボードはAppleのMagic Keyboard テンキー付き US配列を、iMac 27inchに接続して使っています。

いくつかのキーボードを経て、現在のものに行き着いた経緯や使用感などレビューをお伝えしたいと思います。

 

Magic KeyboardのApple公式サイト

Magic Keyboard 英語(US)はこちら | Apple公式サイト

 

 

スポンサーリンク

なぜMagic Keyboard テンキー付きを使っているのか?

 

それはずばり、Macbook Proとキー配列がほぼ一緒だからです。

なんだ、そんな理由?

と思われるかもしれませんが、個人的にはココが重要でした。

兎にも角にも、キーボードは脊髄反射的に打つもので、

外ではMacの配列、オフィスではHappy Hacking Keyboard(HHKB)の配列、というのはストレスがありました。

HHKBは配列に大きなクセがあり、途中で使用をやめてしまいました。
※打鍵感は至高です!

 

打鍵感はどうか?

 

では打鍵感はどうか?

下のイメージのように、キーの高さはかなり低めのつくりです。

 

MagicKeyboardLightning端子

 

しかし、打鍵感はさほど悪くないんです。

むしろ、好き

キーひとつひとつが、本当にわずかですがU字になっていて、中央にくぼんだ形状をしています。

そのため、微妙に指を包む感じがあり、これがなかなか良い打鍵感を生み出していると思われます。

ホームポジションに手をおいたときに落ち着きます。

キーを打ったときはペコペコっという感覚を受けますが、柔らかすぎず硬すぎずといういいバランスです。

 

テンキーはどうか?

 

テンキー無しのMagic Keyboardも持っていますが、さてテンキー付きはどうでしょうか?

 

MagicKeyboardテンキー

 

ここは少し悩ましいです。

会計ソフトとかを使っているときは圧倒的に便利。

そして、homeボタンやendボタン、deleteボタン、カーソルキーはものすごく重宝。

な一方で、

キーボードの横幅が長いので、机の専有面積が広くなって邪魔気味です。

ここは使うシーンによってメリットを享受したり、そうでなかったり、という感じです。

 

バッテリーはどうか

 

バッテリーの持ちはどうか?

 

MagicKeyboard電源ボタン

 

バッテリー持ちます。

私は、Magic Keyboardは基本的に電源入れっぱなしにしています。

それはiMacをシャットダウンしたとしても、KeyboardはONのまま待機。

それでも、充電後3日程度2時間ずつ使っても数%の減り。

これは優秀なのではないでしょうか。

ちなみになぜ電源OFFにしないのか、ですが、

OFFにするのが面倒くさい

からです。

 

まとめ

 

Magic KeyboardはApple純正というだけあって、とても美しいですし、

活用においても十分仲良く付き合っていける相棒だと思います。

これからもどんどん使っていきます!

 

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 英語(US) - シルバー

コメント

タイトルとURLをコピーしました