家族4人がmineoにするといくらになるか計算してみた

ガジェット
スポンサーリンク

 

家族4人でmineoに乗り換えると、いくらになるのでしょうか。

本記事は、MVNOのmineoについて、契約料金をシミュレーションした結果をご紹介します。

 

スポンサーリンク

コスト計算の前提条件

 

コスト計算をする上で、以下の前提条件のもと考えました。

 

モデル家族構成と希望機種

 

  • 70代の祖母が1台
    • 高齢者向けの簡単スマホを希望
    • 上記がなければiPhoneにする
  • 夫婦ともに1台ずつ
    • iPhone XSを希望
    • 夫を主回線にする
  • 子ども(高校生)が1台
    • iPhone 7を希望

 

以上、家族で合計4台のスマートフォンを契約する前提で計算します。

 

その他の条件

 

  • 新規契約
  • 下取りは無し
  • 機種代金は割賦で支払う
  • 4人合計で毎月10GB程度のパケットを使う
  • 端末の耐用年数を考慮して4年間の総コストを計算する

 

mineoの4年間総コストは?

 

結論から言うと、家族4人でmineoを契約した場合、4年間の総コストは797,856円でした。

1年間の平均は199,464円(=797,856円÷4年間)。およそ20万円です。

1ヶ月の平均は16,622円です。

 

(内訳)mineoの基本料金

 

mineoのドコモプラン(Dプラン)で料金を試算してみます。

 

基本料金は下表を参考にしました。

出典:mineoの月額料金

料金表(基本)|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】
料金をご紹介します。mineo(マイネオ)なら、ご利用状況に合わせてプランを選べます。

 

夫婦はデュアルタイプの6GBを、祖父と子どもは3GBをそれぞれ契約することとしました。

 

回線基本料金家族割引SMS利用料電話かけ放題オプション合計備考
2,280円-50円0円0円2,230円6GBプラン
2,280円-50円0円850円3,080円6GBプラン
祖父1,600円-50円0円850円2,400円3GBプラン
子ども1,600円-50円0円0円1,550円3GBプラン
9,260円

 

月額9,260円になります。

4年間(48ヶ月)は、9,260円×48ヶ月=444,480円になります。

 

各自のデータ容量は表中備考欄に記載しました。

電話かけ放題オプション以外のオプションは選択していません。

 

端末代金(iPhone)

 

AppleのオンラインストアでiPhoneを購入する場合の端末代金は以下の通りです。

 

iPhone XS 64GB121,824円
iPhone XS 64GB121,824円
祖父iPhone754,864円
子どもiPhone754,864円
合計353,376円

 

端末代金の合計は、353,376円です。

 

以上より4年間の総コストは、444,480円+353,376円=797,856円になります。

1年間の平均は797,856円÷4年間=199,464円

ひと月あたり199,464円÷12ヶ月=16,622円です。

格安SIMの場合、通信料金が低額になる分、端末代金の全体に占める割合が高くなります。

特に、iPhone XSが高いですね。。。

 

ちなみに、iPhoneをすべてGoogle Pixel 3a 64GBにするとどうなるでしょう。

参考までに算出してみます。

 

端末をpixel 3aにしたら総コストはどう変わるか?

 

Google Pixel 3aの端末代金は1台あたり48,600円です。

 

4台購入すると、48,600円×4台=194,400円 になります。

 

これにmineoの4年間通信料金 444,480円を加えると、

444,480円+194,400円=638,880円 になります。

Google Pixel 3aにしたときの1年間平均は638,880円÷4年間=159,720円です。

ひと月あたりは13,310円です。

 

なお、すべての端末をiPhoneシリーズで揃えたときの1年間平均は199,464円でしたから、39,744円ほど安くなります。

月間にすると39,744円÷12ヶ月=3,312円安くなります。

端末代金を安く抑えることが、総コストを抑えるポイントになります。

 

まとめ

 

MVNOを選択する場合、通信量が抑えられる一方で、端末代金の比率が高まります。

今回は4年で計算をしていますが、ひとつの端末を長く使えば使うほどコストメリットが出てきます。

安価で入手できる最新のスマホを長く使うと、よりコストパフォーマンスがよくなります。

一方で、大手キャリアと比較してMVNOの通信速度は低速であることや、店舗でのサポートが受けられなくなったり、キャリアメールが使えなくなったりと、削られるサービスがあることを認識しながらMVNOを選択できたらと思います。

 

mineo(マイネオ)格安SIMカードエントリーパッケージ docomo/au/SoftBankの3回線対応 契約事務手数料3000円が無料

 

家族4人がdocomo(旧料金プラン)にするといくらになるか計算してみた
家族4人でdocomoを契約すると、いくらになるのでしょうか。本記事はdocomoについて、契約料金をシミュレーションした結果をご紹介します。コスト計算の前提条件コスト計算をする上で、以下の前提条件のもと考えました。モデル家族構成と希望機種

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました