CentOS7 にDockerをインストールする

スポンサーリンク

 

本記事では、CentOS7にDockerをインストールする方法について書きます。

 

スポンサーリンク

環境

 

サーバー側

CentOS Linux release 7.4.1708

 

クライアント側

・iMac 27 inch

 

ちなみに、CentOSのバージョンは、

 

$ cat /etc/redhat-release

CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

 

で調べられます。

 

リファレンス

 

本記事は、DockerのDocsを参照して試した内容をメモしています。

CentOS 用 Docker CE の入手

 

サーバーにSSHでログイン

 

早速、Dockerをインストールしていきましょう。

クライアントのターミナルから、サーバーにsshでログインします。

 

$ ssh username@xxx.xxx.xxx.xxx -p portnumber

 

古いバージョンのDocker削除

 

古いバージョンのDockerがあれば削除します。

OSインストール直後であれば、既存のDockerは存在しないはずです。

参考までに実行してみます。

 

$ sudo yum remove docker docker-common docker-selinux docker-engine

[sudo] usernameのパスワード:

読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
引数に一致しません: docker
引数に一致しません: docker-common
引数に一致しません: docker-selinux
引数に一致しません: docker-engine
削除対象とマークされたパッケージはありません。

 

既存のDockerが無い場合、上記のような結果になります。

 

Dockerのインストールに必要なパッケージのインストール

 

Dockerのインストールに必要なパッケージをインストールします。

yumは依存関係のあるパッケージをすべて自動インストールしてくれるので便利です。

 

$ sudo yum install -y yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2

 

インストールしたパッケージは、

yum-utils:yum-config-managerが使えるようになります

device-mapper-persistent-data と lvm2:デバイス、ストレージのマッピングパッケージ

の3つです。

 

リポジトリのセットアップ

 

Dockerの安定版(Stable)用のリポジトリをセットアップします。

yum-config-managerを使って、レポジトリを追加します。

 

$ sudo yum-config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

[sudo] usernameのパスワード:

読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
adding repo from: https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo
grabbing file https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo to /etc/yum.repos.d/docker-ce.repo
repo saved to /etc/yum.repos.d/docker-ce.repo

 

https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repからレポジトリを取得し、サーバー上のフォルダ「/etc/yum.repos.d/docker-ce.repo」に格納されました。

 

Docker CEの最新版をインストール

 

Docker CEの最新版をインストールします。

 

$ sudo yum install docker

 

かなりの数の依存パッケージが同時にインストールされます。

yum良いです。

 

なお、Dockerのドキュメントでは、最新版は必ずしも安定しているわけではなく、

本番用には安定しているバージョンを指定してインストールすべき、という注釈があります。

バージョンを指定してインストールしたい場合は、

$ sudo yum install docker-ce-<version>

でインストールできます。

versionの指定は、

docker-ce-17.09.0.ce

のようにできます。

 

Dockerの起動

 

Dockerを起動します。

 

$ sudo systemctl start docker

 

Dockerの自動起動

 

Dockerのサービスを自動起動に設定します。

 

$ sudo systemctl enable docker

Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/docker.service to /usr/lib/systemd/system/docker.service.

 

これでサーバーを再起動したときに、Dockerが自動で起動してくれます。

以上で、CentOS7へのDocker CEのインストールは完了です!

 

次は、Dockerコンテナを作成してみましょう。

 

CentOS7にDockerコンテナを作成しよう
この記事では、CentOS7にDockerコンテナを作成する方法についてメモします。 環境 サーバー側 ・CentOS Linux release 7.4.1708 クライアント側 ・i...
タイトルとURLをコピーしました